設計士のつぶやき

いたみのBRさん

行ってきました! ツタンカーメン展!
やはり大人気で、現地で2時間後に集合の整理券を渡され、集合時間から30分ほど並んでようやく入れました。

待ち時間はミュージアム前のお茶屋さんで、みたらし団子とビールで時間つぶし。。。
待っただけあって良かったです。 会期も好評につき7/16まで延期のようです。


前回書き込みいただきました”いたみのBR”さんより、ご自宅の写真を頂きました。
外壁はタイルではなく、石を固めた無機質素材『BR外壁』を採用。 こちらもタイルと同様ノーメンテナンス外壁です。
私の自宅も同じ外壁です。 ^^

庭の手入れは奥様担当でしょうか? テラスやパーゴラも見事ですが、植木や花をきれいにされていること! こんな写真を見ると設計者としてうれしくなりますね。 マイホームを大事にしてくれているって感じで。 奥様の几帳面さが表れてます。


”いたみのBRさん” また近況の書き込みお待ちしています! 

コメント

・伊丹のBR

中辻さんのブログに載せていたけるなんて光栄です。
これからも庭作りを続けていきます。

庭は賑やかになりつつありますが、家の中はさっぱりしています。
中辻さんが「これでもか」というほど収納を設計して下さったので、不要な物が外に出ていることが少なくなりました。
おかげでお掃除ルンバも快適に走り回り、家族が物を探す姿も減りました。
前回のブログで話題になっていたコーブ照明は、柔らかい光ですが意外と明るく、読書も問題無くできます。
照明の掃除をしなくて済むのも嬉しいです。

今のところ問題無く生活しています。
何かあってもアフターさんが助けて下さるので、安心しています。
今後も長いお付き合いになりますが、よろしくお願いします。


2012 年 7 月 8 日 9:02 PM

・中辻 佳一

伊丹のBRさん

快適に過ごされているようで何よりです。
今後もセキスイハイムオーナーとしてフォローよろしくお願いします。
最近停滞気味のブログですが、建築作品や情報など、できるだけアップしていきます!


2012 年 7 月 14 日 1:07 PM




※コメントは管理者の承認の後、公開されます。


カティサーク

ずいぶん久しぶりの投稿になります。
今月のモモはお花見散歩でのワンショットです。


さて、2年前にご入居いただいたお客様(兵庫県、Tさん)からうれしいお知らせが来ました。
ご主人様の書斎で製作されていた趣味の帆船模型、カティサークの完成!! です。


北側道路を挟んで見晴らしの良い2階の位置に、ご主人様の書斎を配置したのですが、この景色を見ながらこの模型を作成されていたのでしょう。


T様のお家は”あったかハイム”でおなじみの”快適エアリー”を装備。  寒い冬でも家中薄着、しかもご主人様は裸足でご生活されているとのこと。  10年前のハイム在住の私にとっては羨ましい~限りです。。。
ご入居後は、ハイムのご検討中のお客様に”入居宅案内”として、何度もご自宅を披露いただき、非常に参考になったと大評判です。  間取りやデザインもさることながら、住んでみないとわからない住まい方や快適性など、オーナーの生の声を聞けることが検討中のお客様にはより参考になっています。  そんな協力もあって、全国ハイムの社内誌にも紹介させていただきました。
Tさん、今後もハイムのサポーターとしてご協力お願いします!!!

Tさんご自宅の写真をご紹介。


道路からのファサード。 2階のコーナー開口がご主人様の書斎。

南側のお庭。 南東側庭に光のたまりをゾーニング。 3面開口でふんだんに光を取り入れます。

リビング。 階段隣接でも全然寒くありませ~ん。

和室。 大きなコーナー開口で非常に明るい部屋になりました。 ラーメン構造だからできる提案です。

最近停滞気味なブログですが、少しずつでも事例など紹介をしていきます。  気長にお付き合いくださいませ。。。

コメント

・はんきち

とっても明るく、光の降り注ぐ住まいですね。素敵です!

照明計画も気になります。また機会があればご紹介くださいね。

ゆっくり、気長に、楽しみにさせていただきます★


2012 年 5 月 2 日 8:29 PM

・いたみのBR

一昨年中辻さんに設計していただきました。
住み始めて約1年、おかげ様で四季を通してとても快適に生活しています。
この冬は、以前の家で悩みの種だった結露が皆無、全員風邪もひかず元気に過ごしました。
不思議なことに、私は引っ越してすぐに早寝早起きになり、ホームシアターを楽しむ間も無く寝室に行くという健康的な生活です。
息子も元気になり、大学生活を謳歌しています。

昨年の晩秋に庭が完成し、やっと家全体が出来上がりました。
一度お世話になったスタッフの皆様にもご報告をと思っていましたが、失礼したままです、申し訳ありません。
中辻さんのブログを発見し、まずコメント欄でお礼を申し上げようと思いました。
本当にありがとうございました。


2012 年 5 月 6 日 11:44 PM

・中辻 佳一

いたみのBRさん!
ご無沙汰しております。
コメントいただき感激しております!!! みなさん元気で快適に過ごされているようでうれしく思います。
息子さん、良かったですね。 貴重な大学生活ENJOY!されることを祈ってます。
今後もブログのフォローしてくださいね。 またの書き込みお待ちしております!


2012 年 5 月 11 日 1:05 PM

・中辻 佳一

はんきちさん!
目の付け所がちがいますねぇ。
リビング開口上部の間接照明ですが、コーブ照明と言います。
通常天井付けのシーリングライトやダウンライトは、床面を照らすため天井面は実は暗いのです。
コーブ照明は天井を照らすので、上方向への開放感が得られるんですよ。 最近は間接照明で目に優しい照明計画は増えてますね。


2012 年 5 月 11 日 1:15 PM




※コメントは管理者の承認の後、公開されます。


プランデザインコンテスト

こんにちは、細見です。   大変永らくお待たせしました。 (-_-;)   家塾ブログが一カ月以上停滞してしまい、誠に申し訳ありませんでした。  諸事情で空いてしまいました。  ゴメンナサイ!!

再度仕切り直しで頑張って継続したいと思います。 みんな、いろいろとネタは仕込みましたので、頑張ります。

さて先日、2011年度の全国の「プランニングデザインコンテスト」の受賞作品の発表がありました。 

近畿からは、前年度の「近畿の家」受賞の厳選5作品をエントリーしていましたが、見事、最優秀賞と、次の優秀賞6点のうち3つを独占という結果となりました。♪♪  甲子園で勝つより、地区予選で勝つ方が大変というような結果で、近畿のレベルの高さが立証されたかなと思います。

また後日、受賞作品は各自(または代理)で、発表していきたいと思います。  明日は、そのコンテスト入賞者による発表会が、東京で行われます。  おかげさまで私の分も優秀賞なので、行って発表してきます。  下に資料を添付します。

 







この分の詳細については、後日報告いたします。  また頑張って、ブログの方は継続しますので、気長に見守って下さい。  どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

・はんきち

再開されて良かったです♪
また楽しみにしております★


2012 年 3 月 10 日 9:25 PM

・もえひいきず

同じく再開されて,一安心です。
って,いきなりスゴイ話題になってしまって・・・。
まだ,しっかりと読めてないので,熟読させて頂きますが
ほんといい家ですね。写真からだけでも,こだわりがたくさん
飛び込んできます。


2012 年 3 月 12 日 7:57 PM

・はんきち

そろそろ二ヶ月になろうとしていますね。
変化が有るときは無理せず、
リセットすることも必要かと・・・・・。

ゆっくりで良いので、続けて行ってくれることを
期待します。


2012 年 4 月 26 日 10:44 PM




※コメントは管理者の承認の後、公開されます。


工場見学

ご無沙汰してます。
久しぶりの書きこみですいません。

今回12月分と1月分書きます。

実は年末、焼酎のお湯割りには必需品の電気ケトルが壊れてしまいまして、
急遽新しい電気ケトルを購入することになったんです。
店頭では、まず見かけないと思いますが、今回、ネットにて、デロンギ製
の物を購入しました。
電気ケトルの購入をお考えの方は、なかなか可愛いので紹介しときます。

こんなやつです。
英国のDallen Murrenというデザイナーのデザインらしいですが、ぜんぜん知りません。
ステンレスのメタルボディでカラーがイエローやグリーン、ピンクなど8種類ございます。

また怒られそうなので本題にはいります。

まず、近畿の家つながりとしまして、先日1月23日に一次選考会を無事に終えることが
出来たましたことをご報告しておきます。
私のお客様も2組の方が二次選考会に進むことができました。

続きましてはその1週間前の16日のことですが、家塾メンバーにて岡山県の九幡という
ところにあるツーユーホームの工場の見学に行ってまいりました。
イベントでのお客様との見学会ではバスで行くことが多いのですが、今回は新幹線
で行くことができました。

ここぞとばかりに 新型車両の さくら を予約したのですが、新大阪から同乗した、澤村君は
この新幹線の白色の部分が青みがかっていることや、青い帯の上下に金色のラインが入っている
ことを説明しても、何が違うのか ちんぷんかんぷんといった顔をしていました。
人は、自分に興味のないことだとこんなもんなんですかね。

ようやく工場見学の内容に

ツーユーホームの工場は、私自身初めてだったんですが、ハイム(鉄骨)の工場とは違うところが
たくさんあって、工場というよりは職人さんが屋根の下で丁寧に家を作り上げる 工房 といった
感じでした。
車で言うとポルシェといったところでしょうか。
ツーユーホームは、品質、性能にこだわった木の家です。
鉄骨のハイムも、もちろん品質、性能にこだわってますよ。


どちらも、出来上がると、同じボックス状になり、床や、壁、窓、断熱材、など全て
工場で施工されるというところは同じですが、木の温もりを感じられる工場でした。
もし、在来木造や(2×4)ツーバイフォーをお考えのお客さんがおられましたら、ぜひ
ツーユーホーム(2×6)ツーバイシックスのこの工場を見学に来てください。

コメント

・もえひいきず

全く更新されていないのは? なぜ ?


2012 年 2 月 22 日 12:21 PM

・はんきち

あ、もえひいきずさんもそう思ってはったんですね★

いつ突っ込んでみようかと思っておりました。

家塾先生方~!更新が滞ってますよ~~!


2012 年 2 月 25 日 10:35 PM

・もえひいきず

本当にどうなったんだ!
家塾 崩壊の危機?
本当に心配ですけど・・・。


2012 年 3 月 1 日 12:01 AM

・かーこ

お久しぶりです。
今日安藤忠雄さんのテレビをみて、ハイムの方々を思い出して久しぶりに家塾のブログを見ました。
最後の工場の見学をしてから、もう一年立つと思うと懐かしくもあり、楽しかったのでまた行きたいと思います。
早かった1年ですが、いろんなことがあったことが思い出されます。佐野さんと文野さんに設計していただいた家に今年に入って一か月間母を引き取った時にも、こだわったトイレにしてとても助かりました。本当にありがとうございました。
ブログを見られてまだ家を検討されている方には、我が家のように何度も工場や展示場、新築や立てているところの見学をお勧めします。
家塾のブログ楽しみにしています。


2012 年 3 月 21 日 2:07 PM




※コメントは管理者の承認の後、公開されます。


抜けと受け

 

ブログ隊長の、細見です。  今年も頑張ります。

さて、「近畿の家」シリーズを続けたいと思います。 今回は、昨年度の3位の作品の紹介です。   この家は、「抜けと、受け」という事を意識して作ったお家です。  

「抜け」とは、 空間が広く抜けているということで、 見渡した時に、まっすぐに(前・横・上もあり)に遮るものがなく、広がりを感じさせる事です。

逆に、「受け」とは、アイストップという言葉で言われますが、 目を奪うように、印象的な造作・飾り付けをしたり、また、目を休めるような、優しくグリーンで、目に留まるようにしたりする事です。

下記の図に書いてあるような事を、仕掛けています。  良く出来た事例なので、水平展開用に研修に使った時の資料です。 クリックして見て下さい。



玄関を入ったら、まず、前・上・横の目線の先を考え、同じ部屋の大きさを、さらに広く見える工夫をしています。 正面は、石張りのアイストップ。 上は、コーブ照明という建築照明で、目を癒します。

 

 玄関で、左を向くと、サンルーム兼、広縁が、石畳の路地のように奥に抜けて空間が広く感じ取れます。 右を向くと、家族用の玄関へと、誘導されます。 来客用の玄関部には、一切靴・物を置かずに広く美しく見せます。



玄関から、LDKに入った瞬間、下の写真のように、正面の空間の先が、外に抜けて、アイストップとしての常緑樹(ヤマモモ)が、美しく配置されております。 (さすがに、伸び放題になってきたので、先日ばっさりと剪定をしておきました。)





エクステリアも、アプローチの目線を徐々に変えていく工夫や、奥まで見渡せないアイストップツリー(塀)の配置や、癒しの空間となる、アイストップの水場等、いろいろひねっています。 同じ間取りでも、目線の先を意識する、また誘導する仕掛けを少しするだけで、空間に広がりや、美しさ・サプライズが生まれてきます。  

このお家は、まだまだ見どころ・お客様のこだわりのポイントがたくさんあります。   また続きは後日に披露します。  では今日はこの辺で失礼します。

コメント




※コメントは管理者の承認の後、公開されます。


次ページへ »