セキスイハイム近畿 奈良支店

セキスイハイム近畿 奈良支店

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL : 0120-816-806




  • TOP
  • シニア世代が考える アクティブに暮らす住まいのスタイル

シニア世代が考える
アクティブに暮らす住まいのスタイル

奈良県・S様
タイプ:パルフェBJスタイル

シニアの住まいは自立・自活の実現が大切
「私たちシニア世代にとって、日常を豊かに、いかに快適に過ごせるか。その暮らし方を支える家は何よりも大切」とのお考えをお持ちのS様ご夫妻。大手住宅メーカーで建てた築29年の家がこれから先の生活を果たしてサポートしてくれるのか不安を感じられていました。リフォームするか、駅前のマンションに移るか悩まれましたが、ご近所の方々に恵まれた、住み慣れたここでの建替えを決断されました。「シニア世代ができるだけ長く自立・自活しながら生活を送るための条件は、家中の空気環境・温熱環境がいつでも快適に保たれていることがポイントです」と話されるのは、ヘルスケア関連のお仕事をされている奥様。これを実現していたのが、セキスイハイムの快適エアリーでした。S様が選ばれた快適エアリー搭載のパルフェbjは、鉄骨ユニットで間取りの自由度が高く、大きな開口や広い空間が実現できます。
(写真)大開口からの光と風がここち良いリビング。ソニックシステム搭載のソファから音楽が流れる、ご夫妻のくつろぎの空間。

1.モノトーンでカラーコーディネートされた玄関ホール。 

2.公園に隣接した北側の大開口からの光が明るく抜けるキッチン。床に大理石調の大判タイルを貼り、下がり天井のコーブ照明で演出。アイランドキッチンと背面収納のダークブラウンが空間全体を引き締めています。 

3.南側に向かって見たキッチン。南北に光と風が抜けていきます。

効率的な暮らし 自然を感じる暮らし

北側は緑豊かな公園に隣接し、南側は住宅地内道路という好立地にあるS様邸。南北に視界の開けた立地を活かし、南側にテラスを配し、北側にも大きな開口を設けています。南北に一直線につながったLDKは、風が通りぬけ光あふれる空間です。大理石調のフローリング、西側の壁一面のダークブラウンの収納家具、キッチンの下がり天井に配したコーブ照明などのデザイン演出で、上質な空間に。自然光と間接照明、表情が異なるLDKの空間演出にも満足されています。ラグジュアリールームは、ハウスワーキングからプライベートタイムまでをワンストップでこなせる奥様の空間。「音楽を聴きながら家事。家事をしながら仕事に勉強。わたしは書斎は不要です。身支度や家のことをしながら、読書したり勉強したりと効率的な〈ながらスタイル〉なんです」

4.九谷焼のコレクション。 

5.ワインクーラーには、お気に入りのワインをストックされています。 

6.美味しくワインを飲めるよう、ワインとの相性のいいグラスも揃えられています。 

7.LDKとキッチンの2方向からアプローチできる奥様のためのラグジュアリールーム。

8.9.リビングの一角に設けたカウンターデスク。S様は書斎よりこちらの方が仕事がはかどるそうです。 

10.壁面を掘り込み、間接照明で演出したギャラリー空間。 

11.大容量の壁面収納。桐箱にしまわれていた什器も、今では普段使いにされています。 

12.キッチンの壁面をマグネットボードにしています。旅先の写真もお洒落なインテリアに。

それぞれに独立したご夫妻の個性が光る

居室2階はプライベート空間。ご夫妻それぞれの居室と、お子様のご家族が遊びにこられた時などフレキシブルに対応できる和室を配しています。奥様の居室は、上質さと華やかさを併せもつ高級感あふれるヨーロッパテイスト。枕側の壁には落ち着いた色調のアクセントクロス、ウォークインクロゼットに続く壁にはシャビーシックな柄を選択。天井のコーブ照明と共に睡眠の質にこだわった内装です。またベッドに入ってふと思いつたアイデアを書き留められるようにと、ベッド脇にデスクを配しています。ご主人の居室は、深いブルーのアクセントクロスが印象的な書斎兼寝室ですが、1階のリビングが殊のほか心地いいとのことで、仕事は専らリビングに造作したカウンターデスクでされています。今は愛犬ジュエルとの寝室だそうです。梯子階段を上ると小屋裏スペース。シーズン物などを収納されています。

1.寝室からつながるウォークインクロゼット。嫁入り箪笥も収まるよう設計しています。

2.奥様の居室。一日の疲れをリセットし、良質の睡眠へいざなう上質でくつろげる空間です。

3.洗面ボールから鏡、クロス、小物に至るまでフェミニンにスタイリングされたトイレ。奥様専用だそうです。 

4.市松模様に敷きつめたデザイン畳とアクセントクロスのカラーで構成されたモダンな和室。 

5.ご主人の居室。傾斜天井とブルーのアクセントクロスが印象的。

6.ご主人の居室内の梯子階段を上ると、とんがり屋根の形状を活かした小屋裏へ。 

7.階段には、たっぷりの自然光が降り注ぎます。

外観と外構が調和した美しい佇まいの家

タイル外壁ととんがり屋根が印象的なS様邸。通りに面した腰高の門袖壁は優しい弧を描き、石貼りのアプローチを進むと、横に広がる庇が個性的な玄関ポーチに迎えられます。門袖壁に囲まれた庭には、お子様の成長を見守りつづけてきたハナミズキとヤマモモの木。表情豊かな天然石と草花でデザインされた外構は、建物との調和が素晴らしく、道行く人の目をも楽しませてくれています。「同じ敷地なのに、友人は『大きな土地ね。広く感じるわ』なんて言ってくれるんですよ。私たちは、この家が大好き。セキスイハイムの方には今でも何かにつけ相談しており、いつも素早く対応していただいて。これから先もとても安心です」

(写真)太陽光発電システム・蓄電池搭載で、自動車はプラグインハイブリッドでエコロジー。


 
(取材:2019年9月)※記載の情報は取材当時のものです。